【共有】バリュードメインをXサーバーで使用する方法

中古ドメイン屋さんで中古ドメインを購入すると、バリュードメインというところでドメインを管理することになります。

ここで、バリュードメインで管理しているドメインを、Xサーバーで設定する方法をまとめておきます!

 

バリュードメインの管理画面より「ネームサーバー」を設定する

バリュードメインにログインし、コントロールパネルを開きます。

「ドメイン>ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」をクリックします。

出てきたドメイン一覧から、設定したいドメインの行にある「ネームサーバー」をクリックします。

出てきたネームサーバーの入力画面に、以下の内容を記入します。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

 

入力したら「保存」をクリックします。

ポップアップで確認されるので「OK」をクリックします。

このように表示されたら、バリュードメイン側での設定は完了です。

 

エックスサーバーでドメインの関連付けを行う

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインし、「ドメイン設定」をクリックする。

次に開かれる画面で、「ドメイン設定の追加」をクリックして、設定するドメインを入力します。

「無料独自SSLを利用する」にチェックが入っていることを確認し、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

確認画面で問題が無ければ、「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックします。

以下の画面が出てきて、ドメインの詳細が表示されれば、問題ありません!

設定したドメインをSSL化する

せっかくなので、ここでドメインをSSL化してしまいましょう。

先ほど「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れる項目がありましたが、それでもSSL化に失敗することがあります。

こういった画面が表示されてSSL化の設定に失敗したら、「SSL設定」を行いましょう。

上記画面の「SSL設定」か、サーバーパネルのメニューにある「SSL設定」をクリックします。

ドメインの一覧が表示された場合には、以下の「選択する」をクリックします。

下のような画面が表示されるので、内容を確認したら「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

少し時間がかかるのですが、SSL設定が完了すると次のような画面が表示されます。

これでSSL設定が完了です。

しっかりと反映がされて「https」でサイトが表示されるようになるまでは少し時間がかかります。

時間をおいてからサイトをチェックしてみましょう。

ここにWordPressをインストールする場合には、しっかりとSSL設定が反映されてから自動インストールを行うようにしてくださいね!

OTK部のメルマガ会員募集中!

わたしはいま、専業アフィリエイターとして夢だったどこでもパソコン一台あれば稼げる生活をしています。

OTK部ではみんなが夢を追いかけられる、そんな部にしたいと思っています。

目指す場所は違っても、目指す方角が一緒なら、一緒に船をこぎませんか?

 

メルマガでも、稼ぐコツ・マインドセットや哲学・アニメなどを配信していますよ!

 

↓↓現在速攻3万円稼げる方法プレゼント↓
友だち追加

 

■■■無料登録プレゼント■■■

メルマガに登録していただいた方には、稼ぐためのヒントが詰まったプレゼントをお渡しさせていただきます!


プレゼントは制作でき次第、随時メルマガにてお渡ししているので、登録はお早めに☆